騒音や鉄粉を対策 | 住みやすい環境を探そう|予算に合わせた一戸建て建築計画
家の雛形

騒音や鉄粉を対策

家

東武東上線沿いの戸建て住宅に引っ越す際には、騒音・振動・鉄粉といった三要素について考える必要があります。東武東上線沿いは現役で電車の走っている線路ですので、そこに隣接している(また近い)戸建て住宅に住む場合、騒音や振動は勿論のこと、鉄粉による被害を受けてしまうことは容易に想像できます。騒音や振動に関しては、人によって慣れれば気にならなくなるという人もいるでしょう。しかし、鉄粉に関してはそういう訳にはいきません。電車というのは、走行時にタイヤとレールの摩擦で鉄粉を発生させます。鉄粉と聞くと、重そうな物質のように感じますが、非常に細かな鉄粉のため線路から住宅まで容易に飛来してくるのです。

飛来した鉄粉は屋根や換気扇、室外機等に付着し、錆の発生源となります。錆はそれらの設備類の腐食させるため、それだけ寿命が短くなってしまうでしょう。そのため、東武東上線沿いの戸建て住宅に引っ越す際には、その戸建て住宅が既に錆ついていないか、鉄粉対策は行われているかどうかを確認することが大切になります。また、東武東上線沿いの戸建て住宅の構造について、耐震・免振構造をとっているかどうかも重要な要素です。そういった構造の戸建て住宅であれば、電車による揺れを感じなくて住むでしょう。騒音に関しては、防音材や二重窓といった素材・構造により対策することが可能です。東武東上線沿いの戸建て住宅は一般的な住宅に比べ安価ですが、そういった点に注意する必要があるのです。